特性

屋根の修理

金属屋根の素材は、鋼板、アルミ、ステンレスなどで耐久性や耐候性があり、コストパフォーマンスに優れていますが、遮音性や耐熱性が劣ります。
それぞれ長所短所がありますので、その後のメンテナンスのことも考えて選択することが大切です。

屋根工事の中でも屋根塗装を行う屋根修理には、主に二つの要因があります。
一つは機能的な理由で、屋根塗装をすることにより雨風や紫外線から住宅を保護することができます。
定期的に行うことで、雨漏りや腐食を防ぐことができ、不要な屋根修理を事前にくいとめることができます。
もう一つは新築時のようにきれいにしたいという外観的な理由で、屋根工事を行う場合です。

サイクル

屋根

屋根塗装は一般的に7年から10年程度のサイクルで行うと良いとされています。
他方、屋根修理はその名の通り、屋根を修理するための工事です。

一言で屋根修理といっても、部分的な損傷を補修する屋根工事もあれば、屋根全体をそのまま取り替えるという屋根工事もあります。
屋根修理にかかる費用は、その損傷のタイプとその規模によって異なります。
早めに劣化を発見すれば、その分工事費を安く抑えられるので、定期的なチェックが必要です。

屋根塗装の重要性

屋根の塗装

屋根は住宅の中で非常に重要な役割を果たしている部分であり、屋根工事が必要になった時、どのような業者に依頼するのかが重要になってきます。
屋根修理はもちろん、補修や屋根塗装、雨漏り修理だけでなく、雨どいの修理やつまりなど屋根周辺の問題をすべて解決してくれる業者を選ぶようにしましょう。
屋根工事において、屋根材の種類は工事に大きく影響します。
主に瓦、スレート、金属の3種類に分けられそれぞれ特徴があります。
一般的に瓦とよばれるものは、粘土を素材とした焼き物による屋根材です。

高級感があり耐火性、防水性に優れている一方、比較的高価で衝撃により割れてしまうなどのデメリットもあります。
スレートは粘土版岩を薄い板状に加工したもので、天然スレートや無石綿スレートなどがあります。
無石綿スレートは瓦に比べると耐久性は落ちますが、軽量でありコストが安いことが特徴です。
ただ耐久年数が短く防水性も弱いので、定期的な屋根塗装や屋根修理が必要です。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031